1. TOP
  2. 英語学習法
  3. <英語の発音を良くしたい人必見>発音は良いのに日本人英語っぽくなってしまう理由

<英語の発音を良くしたい人必見>発音は良いのに日本人英語っぽくなってしまう理由

 2016/01/29 英語学習法
この記事は約 6 分で読めます。 1,285 Views

こんにちは、Yumiです。
このイングリッシュブートキャンプのビデオでは、アメリカンイングリッシュの発音についてお話しします。
発音の基本的なルールを理解することは、もっと英語を流暢に喋ったりリスニング能力をアップさせるために重要です。
これから、いくつか使えるTipsとどんなふうに発音に取り組めばよいのかをお見せします。

日本語にはないリズムの概念

h1

今日は、リズムについてのお話をしたいと思います。

以前も何度かリズムについてのお話をしているんですが、英語を話すうえで、このリズムについての概念がとっても重要です。

意外とリズムの概念っていうのは学校で習うことはないんですよね。

なので日本人学習者の多くの方が、リズムっていうものを意識していないことが多いと思います。

リズムとは何かということなんですが、ちょっと思い出していただきたいんですけども、中学とか高校のときに英語の授業でアクセントについて習ったと思うんですね。

アクセントって例えば何かというと、例えば『interesting』という単語。

3音節ありますね。

3音節のうちのどこが一番強いですか?みたいな問題がありましたよね。

『interesting』の場合は、ここに赤字で大きく書いているように最初のInが強いんですね。

同様に『photography』は2つ目の、第2音節のTAのところが強い。

最後、長いですね、5つシラブル(音節)があります、『communication』ですね。

『communication』はMYUのところが一番強くて、KEIも強いんですね。

2つあるんですね、第1アクセント第2アクセントみたいな感じで習った記憶があるかなと思います。

 

英語のアクセントは、長い

htitle

このアクセントというのは、強弱で私たちは教わってるんじゃないかと思います。

ところが、“強い”っていう風に思っちゃうと、ほとんどの日本人は強く発音すればいいと思ってしまうんです。

実際は強いのではなくて、そこ(アクセントになる部分)は長いんです。

『interesting』のリズム

h2

1シラブルというのは1拍です。

パン、パン、パン…これがシラブルです。

日本語は1文字1シラブル。

さくらだったら『さ・く・ら』3文字で、『タン・タン・タン』という風に3シラブルなんですね。

じゃあ『interesting』も3シラブルなので、さくらと同じなわけです、シラブルの数は。

さくらとの違いはストレスがある、アクセントがある。

どこにあるかっていうと、最初の1つ目、INのところです。

なのでここをちょっと長めに取ります。

h3

INが少し長め、tresとtingが少し短め、音にすると『ターン・タ・タン』っていうイメージです。

さくらをこの『interesting』のリズムで言うと、英語っぽくなります。

この、ちょっと長めに1拍リズムを取るっていうのは、けっこう日本人は苦手です。

なので、全部トン・トン・トンっていう風に均等にリズムを取ってしまいます。

そうするとですね、何となく英語っぽくないって感じになるんです。

発音はすごく正しく発音してるし悪くないはずなのに、何となくカタカナ英語というか、日本人英語から抜け出せないなという方は、大体このリズムが間違っていることが多いです。



『photography』と『communication』のリズム

h4

次の『写真(photography)』ですね。

これも同じく、2つ目のTAが長いんですね。

なので、『タ・ター・タ・タン』というリズムを取ってください。

最後、5つありますね。

5つあって2つ目と4つ目が長いんです。

なので、『タン・タン・タン・タン・タン』ではなくて『タ・ター・タ・ター・タン』です。

どんなイントネーションでもいいです。

とにかくこの『タ・ター・タ・ター・タン』っていうリズムが間違ってなければ通じますし、英語っぽくなります。

どう言っても構わないです。

こういう風にストレスのあるところをちょっと長めに1拍取るっていうのが、英語の英語っぽいゆえんなんですね。

それを無視して、トン・トン・トンって言う風に全部同じリズムで強くだけを意識して発音すると、英語っぽくはなりません。

そうならないようにするためには、常にリズムを取るっていうのを意識してください。

フレーズでもリズムを取ろう

h5

今度はフレーズで練習してみたいと思います。

フレーズになっても同じで、どこにストレスがあるのかなっていうのを意識するようにしてください。

ストレスのあるところを少し長めに、1拍長めに『ドーン!』って取ります。

『タン・タン・タン・タン』ってならないように、このリズムは日本語のリズムです。

なので、体の中からね、日本語のリズムを追い出してください。

このフレーズですね、『I want to know』は『I』と『NO』にストレスです。

h6

最初と最後ですね。

『I』のところがドーンと1拍長いストレスが来ますね。

中間はダ・ダと短く、また最後にドーンといきます。

『タン・タ・タ・タン』です。

want toは話し言葉では、wannaとリダクション(縮小)されます。

こういうのも覚えてくださいね。

want toって言ってももちろん構わないですけど、wannaって言うことの方が多いです。

こういうリズムを覚えるっていうのはすごく大事で、フレーズになってしまうと辞書で調べても辞書には発音まで載ってないので。自分でこういうのは体得していくしかないんですね。

ネイティブの英語を聞いたときに、ここにストレスを置いてるなとかここちょっと長めだなとかっていうのをね、常に意識するようにしてみてください。

ストレスのあるところは1拍長く取るっていうのを覚えておいてくださいね。

 

Yumiの脱カタカナ英語マニュアル
公式サイトはこちら
▷英語の発音を良く、そしてもっと聞き取れるように!【Yumiの脱カタカナ英語マニュアル】

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/18684/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/11893/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/11900/”]

 

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yumi

Yumi

英語コンサルタント、「English Boot Camp」主宰。
英会話スクール講師や企業トレーナー、フリーの通訳・翻訳を経て洋書出版社に転職。その後独立、日本人に特化した発音矯正塾「English Boot Camp」を立ち上げる。日本人の為に開発した発音教材「脱カタカナ英語マニュアル」を出版。大学時代に1年間アメリカ留学経験あり。


【ブログ】
Yumi's English Boot Camp
http://englishbootcamp.jp/blog/

【英語教材】
Yumiの発音マニュアル:
http://englishbootcamp.jp/lp/

【facebookページ】
https://www.facebook.com/englishbootcampjapan

【出版書籍】
ネイティブ発音が3D映像でわかる! 英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き
http://buff.ly/29fp8AE

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語の発音が苦手な人必見!通じる発音が身につく英語教材

  • 英語が通じないのは“schwa”のせい?-あいまい母音の攻略法

  • <英語の発音を良くしたい人必見>発音は良いのに日本人英語っぽくなってしまう理由

  • アトランタと言ったのにトロント?と言われる原因-後編

関連記事

  • 英会話スクールの選び方!10の質問と答え(前編)

  • ニュース・旅行・文化・エンタメが英語で学べるお勧めサイト7

  • 英会話力ゼロ・30代でオンライン英会話レアジョブを始めてみようと思ったワケ

  • ECCウェブレッスンの無料体験レッスン受けてみました!

  • 意外と知らない季節の節目、立春を英語でどう説明するの?

  • 英会話教材を選ぶ基準、決めてますか?失敗しない教材の選び方5つ