• 英語学習法
    経験者が語る!英語が出来るようになるために知っておくべき10ヶ条〜前編〜
  • リアル英会話
    Thank youからレベルアップ!知って得する英語で上手な感謝の伝え方
  • トレンド・ニュース
    英語のWhat time is it now?は「割った芋いじんな」で本当に通じるか検証してみた
  • リアル英会話
    これって英語でなんて言うの?意外と知らない日常英会話フレーズ集
  • 英語学習法
    TOEIC990点のマッキンゼー出身お笑い芸人石井てる美さんに学ぶ英語学習法
  • トレンド・ニュース
    河北麻友子の驚きの英語力!ニューヨーク生まれの英会話力はいかに?
  • トレンド・ニュース
    【アンジェリーナジョリーとハリウッド共演】エレンショーでも絶賛のギタリスト、MIYAVIの抜群の英語力に迫る!
  • トレンド・ニュース
    楽しい王道英語学習!海外ドラマ、どれを見る?
  • 英語学習法
    【教歴10年目の英語教師が語る】英語学習における暗記で最も大切なこと
  • 海外留学
    確実に成果を出すために、留学前に決めておくべき10のこと!
【英文法基礎講座】「must」と「have to」の違いについて簡単に説明!

英語学習をこれから始める方にも、また英語の基礎を忘れてしまったという方はいらっしゃるのではないでしょうか。やはり最低限の文法の仕組みを知っておくことはとても大切です。
早く英語がペラペラになりたい方、リスニングやスピーキングを勉強している方も基本に戻って、文法の基礎、ルールをおさらい!今回は「must」と「have to」について基本的な事から説明したいと思います。

「must」と「have to」

mustとhaveto

 

「must」と「have to」には、「~しなければならない」という意味を持つために2つがイコールであるように認識されていますが、その強制の度合いに違いがあるのです。

違いの前にそもそも、「have to」は、助動詞「must」に過去形がないために「have to」があります。過去形を表現する際に「have to」を用いて過去形にするという方法を使います。
You had to study Japanese.
→あなたは日本語の勉強をしなければならなかった
上記の例文、過去形を表現していますね。
そんな「have to」ですが、mustの過去形を表現するためだけに存在するわけではありません。意味、ニュアンスとしても違いがあります。
You must study Japanese.
You have to study Japanese.

「あなたは日本語を勉強しなければならない」というともに同じ意味の2つの文章。ニュアンスが異なります

「must」と「have to」には、「~しなければならない」という意味を持つために2つがイコールであるように認識されていますが、その強制の度合いに違いがあるのです。
「must」は、「どうしても~しなけれなならない」という非常に強い強制のニュアンス。
「have to」は、「しなければならないことがある」という状態を表すニュアンスがあり、mustに比べ弱い。

人に対して「must」を使った「~しなければならない」という表現は、強制的なニュアンスが出るので使うべきではありません。立場や相手よって気分を害したり、不快に思われる可能性も十分にあるということです。
「have to」を用いるのが、自然な表現で無難です。

「must」は、自分のことについて使い、人に対して「have to」を使うと覚えておくと良いかもしれません。

I must study Japanese.

日本語の勉強しないといけないんだ…やらなければならないんだ。という意味になります。自分のことだったら、強いニュアンスでも相手を不快にさせることはありませんね。
また、この表現で自分の決意、思いを強く表すことができます



重要ポイント!否定文では意味が違う

「must」と「have to」は否定形にすると意味が異なる

You mustn’t eat it!
→食べちゃダメ!
You don’t have to eat it.
→食べなくてもいいわよ。

「must」の否定形「must not(mustn’t)」= 「~してはいけない」強い禁止の意味
「have to」の否定形「don’t have to」=「~しなくても良い」不要の意味
否定形では意味が全く異なってきますので、使い方には注意が必要です。

 
こちらの記事も人気!

 

ここまで「must」と「have to」について解説してきましたが、「~しなければならない」「~する必要がある」という意味を表現するもので「need to」もあります。
同じ様に使われるのですが、ニュアンス的には「have to」に近いですね。

・mustには過去形がない
・「must」と「have to」の否定形は意味が異なる
・肯定系「must」には非常に強い強制の意味が出る
ということをしっかり覚えておきましょう。

 

関連キーワード
英語学習法の関連記事
  • 英単語暗記法~実践編【CC字幕付き】IELTS8.5, 英検1級, TOEIC 990
  • 英語が話せない、聞き取れない人にオススメする悩み別英語教材3つ
  • 意外と知らない季節の節目、立春を英語でどう説明するの?
  • 留学せずに英語をマスター!日本でできる英語学習法5選
  • 道端ジェシカの英語は独学だった!効率的に習得できる英語勉強法
  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事