1. TOP
  2. 英語学習法
  3. 【英文法基礎講座】過去完了形について簡単に説明!

【英文法基礎講座】過去完了形について簡単に説明!

 2015/10/09 英語学習法
この記事は約 5 分で読めます。 670 Views

英語学習をこれから始める方にも、また英語の基礎を忘れてしまったという方はいらっしゃるのではないでしょうか。やはり最低限の文法の仕組みを知っておくことはとても大切です。
早く英語がペラペラになりたい方、リスニングやスピーキングを勉強している方も基本に戻って、文法の基礎、ルールをおさらい!今回は「過去完了形」について基本的な事から説明したいと思います。

過去完了形とは

過去完了

 

過去完了とは、過去とそれよりも前のことを表す時に使用される表現
過去完了は「完了」「継続」「経験」の3つの意味を持ちます。
前回解説した現在完了形と同様ですね。

現在完了形が「have+過去分詞(vpp)」
過去完了形は「had+過去分詞(Vpp)」

簡単に言うと「have」を過去形に変えると過去完了形ということになります。

現在完了形では、「過去のある時点~今まで」というニュアンスを大切に意識して捉えることとお伝えしましたが、過去完了形では、「過去のある時点よりも前から始まり、過去のある時点までに起きていた」というニュアンスを意識しましょう。

ちょっと分かりづらいかもしれないので、簡単に日本語で表すと、
現在完了は例えば「3年前~現在」
過去完了は例えば「5年前~2年前」という感じです。

【過去完了の完了】

I had already finished my work.
→私は、すでに仕事を終えていた。

「過去のある時点よりも前に仕事を始めて、過去のある時点までにすでに仕事を終えていた状態にある」というニュアンス。

過去に行われた動作が、過去のとある時までに終わったことを表します。
「~してしまった」、「~したところだった」といった意味。



【過去完了の経験】

He had never eaten sushi before he visited Japan.
→彼は日本を訪れるまで、寿司を食べたことがありませんでした。

この文章では、(彼が日本を訪れた)過去のある時よい前の期間の経験を表しています。
過去から、過去のある時点までの経験を表し「~したことがあった。」「~したことがなかった」という意味。

【過去完了の継続】

He had been working part time in a convenience store until he became a teacher.
→彼は先生になるまで、コンビニでアルバイトをしていました。

I had been 22 years old untill last month.
→先月まで22歳だった。

過去から過去のある時点までの継続を表し「~をしていた。」「~だった」という意味。

意味が分かった所で、否定文と疑問文の作り方についてもチェックして行きましょう。

過去完了形の否定文の作り方

「had not + 過去分詞 Vpp」
「hadn’t + 過去分詞Vpp」

I had not finished the homework when my brother got to our house.
→兄が家に着いた時、私は宿題を終えていませんでした。

過去完了形の疑問文の作り方

疑問文は「Had」を文頭に置き、文末に「?」を付けます。

Had you finished the homework when your friend got to your house?
→友達が家に着いた時、あなたは宿題を終えていましたか?
否定文と疑問文、日本語訳で考えると日本語でもなんか聞きなれない言い回しですよね。過去完了形の否定文と疑問文を使う頻度はそんなに高くないと言ってもよいでしょう。

過去完了形の短縮形

I had → I’d
You had → You’d
We had → We’d
He had → He’d
She had → She’d

「I’d」ではなく「hadn’t」の短縮形を優先させて使いましょう。

 
こちらの記事も人気!

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/21639/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/13026/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/12758/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/19093/”]

 

過去完了形の意味は理解するのに複雑ですよね。ですがなかなか日常会話の中で頻繁に使う表現ではありません。
正しいとはいえませんが、普通に過去形で話が通じてしまうものなのです…。
過去完了形は、「過去のある時点よりも前から始まり、過去のある時点まで起きていた」ということ、「had+過去分詞」完了・継続・経験の3つの意味があるということを頭に入れておきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

californiagirl

californiagirl

カリフォルニアのカレッジを卒業後、貿易会社に就職。
アメリカで初めての社会人生活に奮闘中・・・。
特技はサーフィン・サルサダンス・ピアノ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • <ビジネス英語>もしも英語で会社に電話がかかってきたら?受け方の応対フレーズ

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • CEO、CTO、CFOなど名刺でよくある役職・部署名の英語表記一覧

関連記事

  • 多読で英語力アップ!情報収集とリーディングができる無料の英語新聞サイト6選

  • bわたしの英会話の評判は?TOEIC800点の高卒OLが体験談をレビュー

  • 英語教材アルク『1000時間ヒアリングマラソン』の内容と体験レビュー

  • 【英検受験者必見】2016年6月から改定になる問題形式

  • 【VoiceTube】YouTube動画を使って無料で英語学習できるサービスと活用法を紹介

  • 英語が通じないのは“schwa”のせい?-あいまい母音の攻略法