• 英語学習法
    TOEIC990点のマッキンゼー出身お笑い芸人石井てる美さんに学ぶ英語学習法
  • 英語学習法
    【教歴10年目の英語教師が語る】海外留学なしで「通じる発音」を身につける方法
  • TOEIC
    【新TOEIC5分で攻略】リニューアルされる各セクションの変更点7つ
  • トレンド・ニュース
    あんな場所も緑に!?世界が熱狂セイントパトリックスデー英語フレーズ集!
  • 英語学習法
    通勤&通学中の英語学習におすすめなレベル別Podcast50選
  • 英語学習法
    英文科の学生が実感した、英語学習に座禅がもたらす4つの効果
  • リアル英会話
    新企画!4コマ漫画で英語学習【David, Justin and sometimes Ken】
  • トレンド・ニュース
    石原さとみさんの英語発音を分析【イーオンCMで賛否両論なのは何故?】
  • 英語学習法
    英語を話す時の基本はアヒル口?ネイティブ発音になれる発音法のポイント3つ
  • リアル英会話
    マンガで英語学習!David, Justin and sometimes Kenー第2話ー
【英文法基礎講座】現在完了形について簡単に説明!

英語学習をこれから始める方にも、また英語の基礎を忘れてしまったという方はいらっしゃるのではないでしょうか。やはり最低限の文法の仕組みを知っておくことはとても大切です。
早く英語がペラペラになりたい方、リスニングやスピーキングを勉強している方も基本に戻って、文法の基礎、ルールをおさらい!今回は「現在完了形」について基本的な事から説明したいと思います。

現在完了形とは

現在完了
現在完了形とは、継続・完了・経験を表すために使用される。
簡単に言うと、過去のある時点から、現在に続く動作、状態を表すときに使われる表現です。

現在完了形の形は、
have (has)+ 過去分詞(Vpp)

※Vppとは、動詞(verb)・過去(past)・分詞(participle)を組み合わせたもので、過去分詞を意味します。

I have lived in Kyoto for 20 years.
→私は20年間京都に住んでいる。

この文章は現在完了形の基本的な形になります。

過去分詞とは

ちなみに現在完了での「have」は持っているという意味ではありません。また、過去分詞とは動詞が変化する時の1つ。原形・過去・過去分詞のように変化します。

過去分詞には、規則変化するものと、不規則変化があります
※規則変化は過去形と過去分詞が同じ形になる。

規則動詞の場合(例)play

 原形  過去形 過去分詞
play played played

不規則動詞の場合(例)buy

原形 過去形 過去分詞
buy bought  bought

(例) write

原形 過去形 過去分詞
write wrote written

形が変わらない場合(例)cut

 原形  過去形 過去分詞
 cut  cut  cut

不規則変化は動詞によって異なるので覚えなければなりません。
(代表例)
do-did-done
wear-wore-worn
go-went-gone
eat-ate-eaten
begin-began-begun

また全てが同じ形のものも…。

Put・cut・set・hurt・spreadなど。
末語が「t」または「d」のものはすべて同じ形

では、現在完了形の意味について見て行きましょう。

【現在完了形の完了】

He has just finished the work.
→彼はちょうど仕事を終えたところです。

完了とは過去のとある時点に始まった動作が既に完了したことを表します。
「~したところ」「~してしまった」という意味。
上記の例文では過去のある時点から仕事をやり始め、ちょうど仕事が終わった状態にあるニュアンスです。

just(ちょうど)
already(既に)
yet(まだ)否定文の場合、(もう、すでに)疑問文の場合

といった単語はhave(has)と動詞の過去分詞の間によく使われることがあります。相性の良い単語なんです。現在完了を強調する言葉で、よく使われるので使えるように覚えて置きましょう。



【現在完了形の継続】

She has been sick since last week.
→彼女は先週からずっと病気です。

I have studied Spanish for four years.
→私はスペイン語を4年間勉強し続けています。

現在完了の継続は、過去のある時点から今現在まで続いている状態。
継続ですから、「ずっと~である」「ずっと~している」という意味になります。
どちらの文章も、今もそれを継続しているニュアンスですね。

Since(~以来)
For(~の間)
は継続でよく使われる相性の良い語句なのですが、注意したいポイントは「since」と「for」の使い訳ですね。

【現在完了形の経験】

I have been to New York once.
→私はニューヨークに1度行ったことがあります。
I have never been to France.
→フランスに行ったことは1度もありません。

経験を表す現在完了は、過去のとある時点から現在までの経験を表します。
「~したことがある」というような意味。

“have(has)been to ~”
→~へ行ったことがある
※“have(has)gone to ~”は「~へ行ってしまって、今ここにいない」、また「~へ行ってしまっていて、今~にいる」という結果の意味を表しますので、間違えないように注意が必要です。

never(今までに~ない)
ever(今までに)
は、経験を表すのに相性の良い語句になります。

3つの現在完了形の意味を知ったところで、否定文・疑問文の作り方もチェックしていきます。

現在完了形の否定文の作り方

現在完了の否定文は、have(has)の後ろにnotを付ける。
have not
haven’t

※主語が三人称単数の場合
has not
hasn't

He has not done his homework yet.
→彼はまだ宿題をしていません。
※yetは否定文のとき「まだ」という意味。

I have never been to Tokyo.
→私はまだ1度も東京に行ったことがない。

また、notを使わず「never」1度も~ない、といった否定語を使って表すこともあります。
neverは否定を強調する時に使います。

現在完了の疑問文の作り方

文頭に「have」を置き、文末に「?」を付けます。

Have you finished your homework?
→あなたは宿題をもう終わらせましたか?

Has she met him ?
→彼女は彼に会ったことがありますか?
否定文も同じですが、現在完了形の「have」は助動詞です。「can」などの助動詞を使った疑問文と同じ形となります。

現在完了形の短縮形

I have → I've
You have → You've
We have → We've
He has → He's
She has → She's

代名詞の場合、短縮形の使用もできます。
現在完了形には3つの意味があること、学習して暗記をしてきた方も多いのではないでしょうか。

ですが、大切なのはイメージです!
現在完了形の「過去から今までずっと」というイメージで意味を捉え、理解をしていきましょう。

こちらの記事も人気!


 

3つの意味で分類されていて、それについて解説してきましたが、実際ネイティブスピーカーはこの分類を意識して現在完了形を使っていません。
ネイティブスピーカーはどの場合でも、「過去のある時点~今まで続いている」ということを理解しているだけなのです。現在完了形はいずれの場合でも「過去から今までずっと」というニュアンスをポイントに理解して行きましょう。

英文法をもっと詳しく勉強したかたはコチラ
▶️中学時代の通信簿2でも1年でTOEIC 900!

関連キーワード
英語学習法の関連記事
  • 【英文法基礎講座】冠詞について簡単に説明!
  • 留学せずに英語をマスター!日本でできる英語学習法5選
  • 【英文法基礎講座】未来完了形について簡単に説明!
  • 【英文法基礎講座】文型の重要性ついて簡単に説明!
  • 効果絶大!カラオケで英語のリスニング力がつく10段階練習法とおすすめ7曲
  • 【英文法基礎講座】過去完了形について簡単に説明!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事