1. TOP
  2. 英語学習法
  3. 【英文法基礎講座】疑問詞について簡単に説明!

【英文法基礎講座】疑問詞について簡単に説明!

 2015/09/15 英語学習法
この記事は約 3 分で読めます。 542 Views

英語学習をこれから始める方にも、また英語の基礎を忘れてしまったという方はいらっしゃるのではないでしょうか。やはり最低限の文法の仕組みを知っておくことはとても大切です。
早く英語がペラペラになりたい方、リスニングやスピーキングを勉強している方も基本に戻って、文法の基礎、ルールをおさらい!

今回は、人に何かを尋ねたりする時に使われる疑問詞について簡単に解説したいと思います。

疑問詞とは

疑問詞

 

 

疑問詞とは場所、時間、理由などを尋ねる言葉。
誰かに何かを尋ねる時に疑問文で使われます。質問する時に文の先頭につける単語になります。

what  なに
where どこ
why  なぜ
when いつ
who 
how  どのように

5W1Hというものですね。何を尋ねるかでどの疑問詞が使われるかが決まります。そして基本は5W1Hですが、それだけではありません。

which どちら
whose 誰の
whom 誰に
how much いくら
how long どのくらい
how many~ いくつの
how old  何歳
how often 何回
how far  どれくらいの距離
what time 何時

といった連語なども上げられます。




What is in the box?
→箱の中は何ですか?
Why did you visit Tokyo?
→なぜ東京を訪れたの?
What’s going on?
→何が起こっているの?
How do you make meat pie?
→どうやってミートパイは作るんですか?
When does the store close?
→何時にお店は閉まりますか?

といったように疑問詞が文頭に位置して使われます。
疑問詞は人に何かを尋ねる時に使われる言葉です。
疑問詞を使って尋ねることにより、より具体的な回答を相手に求めることができます。
正確に使う事で、英会話の幅も広がり、新たに会話が展開します。

 

What are you going to do on this weekend?
→週末何をする予定ですか?
と聞いたら、「~に出かけるよ。」「家族でバーバキューするよ。」といった具体的な回答を得ることができ、会話もしやすくなりますね。
疑問詞を知っていれば、何でも聞くことができちゃうのです。

 
こちらの記事も人気!

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/21639/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/mail/10667/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/12647/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/9144/”]

今回は、疑問詞についてどんなものがあり、どんな働きをするかということを簡単に説明させて頂きました。
使い方の詳細は、次の機会に説明できたらと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

californiagirl

californiagirl

カリフォルニアのカレッジを卒業後、貿易会社に就職。
アメリカで初めての社会人生活に奮闘中・・・。
特技はサーフィン・サルサダンス・ピアノ

この人が書いた記事  記事一覧

  • ローラ、ミラ・ジョボビッチと英語で挨拶「バイオハザード:ザ・ファイナル」ワールドプレミア1

  • <ビジネス英語>もしも英語で会社に電話がかかってきたら?受け方の応対フレーズ

  • ネイティブイングリッシュと他の英会話教材の比較

  • CEO、CTO、CFOなど名刺でよくある役職・部署名の英語表記一覧

関連記事

  • 【英文法基礎講座】「第4文型SVOO」ついて簡単に説明!

  • 英語を話す時の基本はアヒル口?ネイティブ発音になれる発音法のポイント3つ

  • 中田英寿の語学力から学ぶ〜アウトプット英語勉強法〜

  • 【リスニングパワー】英語が聞こえない&発音が通じない!と悩んでいる人に最適な英語教材

  • 英会話学習教材のスピークナチュラルを実際に使った内容と効果・比較

  • 七田式英語教材7+Englishを体験してみた感想