1. TOP
  2. 英語学習法
  3. 英語はロック、日本語は演歌「バスケ」と「バナナ」の2つの基本リズムで英語発音をモノにしよう

英語はロック、日本語は演歌「バスケ」と「バナナ」の2つの基本リズムで英語発音をモノにしよう

 2015/09/04 英語学習法
この記事は約 6 分で読めます。 883 Views

長く英語をやっているにもかかわらず、なかなか話せるようにならない。
TOEICのリスニングのスコアが伸びない。
簡単なフレーズなのにネイティブに聞き返される、通じない。
TOEICでは高得点が取れるのに、実際のネイティブの会話についていけない、またドラマや映画を字幕なしで見るとちんぷんかんぷん・・・

こういった悩みは、多くの日本人学習者の間でよく耳にするものです。
とにかくリスニングが苦手、またはスピーキングが苦手という人に共通するのが、「ひたすら英語を聞く」という学習法を続けていることです。
いえいえ、ちゃんと音読もしていますよ、という人もいるでしょう。
ではその際、英語のリズムを意識していますか?

英語は個々の発音も大事ですが、リズムはもっと重要なのです。
ちょっと乱暴な言い方をすると、リズムさえうまく取ることができれば、多少カタカナ発音でも通じますし、またネイティブの早口英語も聞き取れるようになります。
今回は、英語の命でもあるリズムとその克服方法について、お話したいと思います。

 

日本語は演歌、英語はロック

rock_by_blue_bullet-d4265aj

日本語と英語の大きな違いは、リズムにあります。
音楽で例えると、日本語はいわゆる演歌のリズムなのです。
または、民謡のリズムと言ってもいいでしょう。
♪えんやっとっと えんやっとっと♪という、前ノリのリズム。これが日本語のリズムです。

それに対し、英語はUp beat、つまり裏打ちのリズムです。
裏打ちとは、♪ンパッ ンパッ♪というリズム。
音楽に例えると、ロックやジャズのリズムなのです。

わかりやすく、例を挙げてみましょう。

日本の童謡「桃太郎」を歌ってみてください。
その際、手拍子を売ってみましょう。
♪も~もたろさん ももたろさん♪と、最初の音符である「も」のところに手拍子を打ちますね?
「タン タン タン タン」といった、均一で単調な手拍子になります。
これが日本語のリズムです。

では英語はどうでしょうか。
有名な黒人霊歌の「漕げよマイケル(Michael, Row the Boat Ashore)」を、同様に手拍子を取りながら歌ってみましょう。

♪Michael, row the boat ashore♪の、最初の手拍子は“mī-kəl”の最初の“”ではなく、2音節目の“kəl”にリズムが乗ります。
「マイコウ」の「マイ」から入ってしまった人。
「マイ」で手拍子を打たずに、「コウ」で手拍子を打たなくてはダメですよ。
ここで重要なのは「ンパッ ンパッ」というリズムです。
ここで「ン」のところで手を叩いてしまった人は、日本語のリズムが体に染みついてしまっています。
「パッ」のところで手を叩けないと、英語のリズムにならないのです。

 



英語の基本リズムは「バスケ」と「バナナ」の2パターン

banana_by_vlue-d3cyxef

リズムとひとことで言っても、色んなバリエーションがあります。
日本語の場合、ほとんどが「桃太郎」のように単調な♪タンタンタン♪のリズムであるのに対し、英語のリズムはとてもバラエティーに富んでいます。
まずは、基本パターンから身に付けましょう。

英語の基本リズムは、「バスケ(BAs-ket-Ball)」と「バナナ(ba-NA-na)」の2パターンです。
一つ目は、“BAs-ket-BAll”で、頭とお尻に手拍子が乗るパターン。
♪タ~ン・タ・タ~ン♪というリズムですね。
二つ目は、“ba-NA-na”で、真ん中に手拍子が来る場合。
♪タ・タ~ン・タ♪です。

わかりやすいように、動画で解説しました。

この2種類のリズムが、全ての英語のフレーズの基本となっています。
ストレスのある音節を、気持ち長めに一拍取るようにしましょう。
その際、手拍子を打つと効果的です。
手拍子を打ちながら何度も声に出して練習してください。
そうすることで、英語のリズムが体に染み込んでいきます。

私たち日本語ネイティブは、どうしても元から体の中に入っている日本語のリズムに引きずられます。
発音は悪くないのにネイティブに通じない、すごく簡単な単語を言ってるのに聞き返されるという人は、リズムがおかしいことが多いのです。
また、ネイティブの英語がやたらと早く感じるという人も、速さというよりはむしろこのリズムの違いのせいで聞き取れなかったりするのです。
リズム矯正は、英語のリスニングスピーキングどちらにも、非常に効果があるのでぜひ取り入れてみてください。

リズム矯正には洋楽がおススメ

music_by_delusionalist

英語が得意な人、すごく流暢な人に共通して見られる特徴があります。
それは、洋楽が好きだということです。
ロックやポップスなどは、英語ネイティブによって生まれた音楽です。
つまり、英語のリズムから生まれたのがロックであり、ポップでありジャズなのです。
洋楽を聴いていると、おのずとこういった英語のリズムに馴染むことになります。

ただし、漠然と聴いているだけでは効果は半減します。
それではただのBGMにしかなりません。
そうではなくて、ちゃんと歌詞を見ながら音を追っていきましょう。
そして、何度か聴いて耳に馴染んできたら、今度は実際に自分も一緒に歌ってみましょう。
聴いてる分にはOKでも、いざ歌ってみると全然リズムに乗れない、字余りになる、なんてことが多々あります。
そういう場合は間違いなく、あなたのリズムが合っていないのです。
リズムが合うまで、諦めずに何度も練習してください。
そして、歌詞カードを見なくてもそらで歌えるようになるまで、仕上げるようにしましょう。

歌いながら楽しくリズム矯正もできるので、音楽が好きな人にとっては一石二鳥の学習法です。
音楽や歌がいまいち苦手・・・という人も、英語をマスターするためと割り切って頑張ってください。

 

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/14397/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/13236/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/method/11142/”]

 

まとめ

英語のフレーズを暗唱する時や音読する時は、必ずこのリズムを意識するようにしましょう。
個々の発音ももちろん大切ですが、それ以上にリズムはリスニングとスピーキングに密接な関係があります。
これまでリズムを意識したことがなかったという人は特に、今後の学習に生かすようにしてください。
リズムが合ってくると、ネイティブから聞き返される回数がグッと減りますよ。

ぜひ、試してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Yumi

Yumi

英語コンサルタント、「English Boot Camp」主宰。
英会話スクール講師や企業トレーナー、フリーの通訳・翻訳を経て洋書出版社に転職。その後独立、日本人に特化した発音矯正塾「English Boot Camp」を立ち上げる。日本人の為に開発した発音教材「脱カタカナ英語マニュアル」を出版。大学時代に1年間アメリカ留学経験あり。


【ブログ】
Yumi's English Boot Camp
http://englishbootcamp.jp/blog/

【英語教材】
Yumiの発音マニュアル:
http://englishbootcamp.jp/lp/

【facebookページ】
https://www.facebook.com/englishbootcampjapan

【出版書籍】
ネイティブ発音が3D映像でわかる! 英語の発音トレーニングBOOK DVD1枚CD3枚付き
http://buff.ly/29fp8AE

この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語の発音が苦手な人必見!通じる発音が身につく英語教材

  • 英語が通じないのは“schwa”のせい?-あいまい母音の攻略法

  • <英語の発音を良くしたい人必見>発音は良いのに日本人英語っぽくなってしまう理由

  • アトランタと言ったのにトロント?と言われる原因-後編

関連記事

  • 【継続は力なり】英語学習を飽きずに続けられる最強のスマホアプリ17選

  • 大学受験の必勝法【月額980円の受験サプリ】で英語学習

  • 【英検受験者必見】2016年6月から改定になる問題形式

  • ニュース・旅行・文化・エンタメが英語で学べるお勧めサイト7

  • 【教歴10年目の英語教師が語る】海外留学なしで「通じる発音」を身につける方法

  • みんなはもう決めた?英語学習の新年の抱負【New Year’s Resolution】を考えよう