1. TOP
  2. 英語学習法
  3. I’d like toはビジネス英語でI want toは日常会話って感じかな

I’d like toはビジネス英語でI want toは日常会話って感じかな

 2015/08/24 英語学習法
この記事は約 7 分で読めます。 4,426 Views

「英語には敬語がない!」なんてことを耳にしたことがあるかもしれません。敬語が本当にないのかどうかについての真相は僕にはわかりませんが、ビジネス英語と日常会話ではやはり使われる言葉が若干違うようです。「〜したい」を伝える時は”I want to”や”I’d like to”を使うということを学びましたよね。結果論でいうと”I’d like to”はビジネス英語や初対面の人に使うことが多いようで、”I want to”はは日常会話って感じで使え分ければいいのではないかということです。

I’d like toの説明

中学校では”I would like to”の省略形として”I’d like to”を覚えますよね。使い方としては

  • I’d like to はI would like to の短縮系で同じ意味
  • I’d like to 【動詞の原形】で『~したい』と表現できる
  • I’d like to < I want toで “I want to”よりも弱い表現

といった感じでしょうか?”to”の後には絶対に動詞の原形が入る、「〜したい。」という意味でwantよりも弱い欲求の時に使うという説明を受けたと思います。

でも英語圏に住んでみて、思ったのです。外国人の自己主張はとてつもなく強いといういことに。(もちろん全員が全員というわけではないですが、日本人のように空気を読むことはしません。)そこで思ったのは、

『I’d like toはなんか距離を感じる!』

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

ということでした。ビジネス英語として仕事で使う分にはいいのかもしれませんが、友達に”I’d like to”を使いまくってしまうと「なんか距離があるな〜」っと、なんとなくぎこちない関係になってしまう感じです。まぁ、もちろん付き合う人の性格にもよるかとは思いますが。

 

I’d like to の意味

I want to よりも弱い欲求を表す時に使うみたいな意味で教わったことが多いと思います。でも、細かく言うと、柔らかく物事を要求する時、過程のプランを話す時、それから、希望を述べる時の3パターンがあります。簡単に言うとwant よりも曖昧に伝えたいといった感じです。今から紹介する会話は仲の良い友達との会話だと思ってください。

例えば友達の誕生パーティーに誘われた時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

Q: I ‘m going to Mike’s birthday party tonight. Do you want to come with me?

A1: Yeah, I want to!(ぜひ、行きたい)
A2: Yes, I’d like to (そうだね、行こうかな。)

例えば、何か飲みたいか聞かれたと時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

Q: What do you want to drink?

A1: I want to drink coffee.(コーヒーが飲みたいです。)
A2: I’d like to drink coffee.(コーヒーいただこうかな〜。
)

例えば、何か食べたいものを聞かれた時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

Q: What do you want to eat?

A1: I want to eat a hamburger.(ハンバーガーが食べたい)
A2: I’d like to eat hamburger.(ハンバーガーが食べたいかな〜、まぁ違う食べ物もでもいいけど)

週末どこか行きたい場所ある?って聞かれた時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

Q: Where do you want to go this weekend?

A1: I want to go to Disneyland. (ディズニーランドに行きたい)
A2: I’d like to go to Disneyland.(ディズニーランドに行きたいな〜、まぁ最悪行けなくてもいいけど。)

 

と、こんな感じでしょうか。ビジネス英語というか、”I’d like to”の方は一歩引いてるという感じを受けますでしょうか。相手に合わせたり、物事をはっきりさせないことの多い日本人にとっては”I’d like to”は便利であるように思えますが、意見がはっきりしない、あまり乗り気じゃないという風に捉えられてもおかしくはないと思います。

 



ビジネス英語はやっぱり”I’d like to”

僕のように友人と日常会話で過ごすくらいなら”I want to”でほとんどいいと思います。でも、仕事でクライアントやボスと重要な話をする時や学校などで先生に話をする時は”I’d like to”の方が一般的のようです。曖昧だからこそ、交渉できる、相手の要求を聞きたいといった姿勢を見せることができるからでしょう。

他にも高級レストランや大学の教授にアドバイスをもらう時など、“I’d like to”の適切なシチュエーションを紹介したいと思います。

  • 会社のボスと給料の交渉する時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

“I’d like to raise up my salary or I might have to think my next carrier “

  • 高級レストランなどで何かお願いをする時。

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

“I’d like to drink still warm water rather than cold one “

  • 大学の教授にアドバイスを聴きたい時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

I’d like to take your class. would you mind to ask you some questions?

  • 遊びに誘われた時に、「そこそこ、行きたい」というくらいのニュアンスで伝えたい時

woman-828888_640

“I’d like to go there as well if you want to”

  • 失礼のないように女の子をデートに誘いたい時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

“I’d like to ask you for a date”

  • 君がハンバーガーをそんなに食べたいのなら「僕も行こうかな」くらいな時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

“If you want to go out to eat a hamburger, I’d like to “

  • 交渉時で自分の要求を柔らかく伝えたい時

I'd like to,ビジネス英語, I want to,日常会話

“If you want me to wear a red shirt, I’d like to”

まぁこんな感じでしょうか?さすがに仕事やシチュエーションによっては友達と会話するような喋り方は不自然、生意気だと思われてしまうかもしれません。ただ、「英会話を勉強したい!」と思っている人はまず気軽に話をできる友達が必要だと思います。そこをビジネスライクに行ってしまうとなかなか打ち解けることができ無かったり、ということはあるのではないでしょうか?

 
こちらの記事もオススメ!
[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/19087/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/mail/10888/”]

[blogcard url=”http://eigo-tatsujin.net/phrase/10912/”]

 

ということで今回は”I’d like to”についてでした。英会話初級くらいであれば、ニュアンスが難しくなるので大抵は”I want to”がシンプルでわかりやすいと思います。まずは、余分なニュアンスを考えるよりも、しっかりとシンプルに自己主張をできることが重要なのではないかと個人的には思うのでした!

\ SNSでシェアしよう! /

英語の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

shintaro

shintaro

ニュージーランドに1年。サモアに2年。マレーシアに8ヶ月。海外旅行で訪れた国は16ヶ国くらい。元々中学の英語教師になろうとしていたため中高の英語の教員免許持ってます。英語レベルは5年前のIELTが6.0。以来テスト受けたことなし。

Surftrip.surfというサイトを運営しています。
サーフィンに興味している人はぜひ!
日本語→https://surftrip.surf/ja/
英語→https://surftrip.surf

この人が書いた記事  記事一覧

  • headingの使い方をジダンから学習 I’m headedの意味とは?

  • I’m tired 僕は疲れてるよ I’m tiring僕は自ら疲れているんだよ?

  • I’m boredとIt’s boringの違いと正しい使い方

  • I’d like toはビジネス英語でI want toは日常会話って感じかな

関連記事

  • 【リスニングパワー】英語が聞き取れない人必見!脳科学に基づいた英語教材

  • 5年以内!東京オリンピックまでに英語を話せるようになれる?

  • 【英文法基礎講座】「第3文型SVO」ついて簡単に説明!

  • 【英文法基礎講座】助動詞について簡単に説明!

  • スターウォーズの名場面で英語を勉強『Episode5/帝国の逆襲』編

  • 【英文法基礎講座】未来完了形について簡単に説明!